CONTACT FORM


FOLLOW US


「箱根本箱」開業日誌0710

2018.7.10

染谷 拓郎

ああ、今日も長くて短い一日。すいません、時系列と写真でざっと振り返ります。

 

 

5:40 起床⇒朝風呂

つつじ荘さんの温泉は、箱根本箱と同じ白濁の硫黄泉。しかも、めちゃくちゃ広い。貸し切りを楽しむ。

 

6:10 仕事①

来週に控えている選書企画の資料作り。10冊を選び、それに原稿をつける。静かな朝の箱根。ひぐらしが鳴いている。夏だ。

 

7:30  朝食

石原さんは鮭、僕は鯖。うまい。

 

8:00  半分、青い

全然見なかったら、いつの間にか主人公が漫画書くのやめてた。

 

8:15 仕事②

メール返信。

 

9:20 現場

今日は、消防検査立会。さあ、いよいよ始まります。

「それではこれより、箱根本箱の消防検査を始めます。三班に分かれて、現場を拝見します」

9:40

検査のため、消防のベルがずっと鳴り響いている。びりりりり、びりりりり。

僕と石原さんは現場をうろうろしながら、消防さんの様子をうかがう。

 

9:50

「バルブ開けたよー」

「はい、きたきた」

「おっけーー!」

「はーい、出ましたー」

 

11:00 洋書搬入

明日のBOOK搬入に合わせ、洋書が前倒し搬入。石原さんとふたりで、事前仕分けをすることに。「いや、これ、暑くないすか」「いや、これは暑いよ」

 

11:40 消防午前の部終了

午前中では問題なし!おっけーー!

 

12:00 ランチ

宮城野の中華料理屋。

石原:チャーハンランチ

染谷:叉焼葱ご飯

 

12:50 現場へ

事務室で吉野さんがワーク。あれ、音楽が流れている。

「いや、夏らしいことしてないんで、山下達郎流してるんです」「それめちゃ夏じゃないですか」「平成最後の夏がこれになりました。」「わかった、明日、小田原で許認可申請したあと、海行きましょう」「マジすか。山下達郎流していいですか」

 

13:00  仕分け作業

むちゃくちゃ汗が出る中、カバーのビニールを剥がし、それぞれのジャンルごとに振り分けていく。ああ、カッコいい本がたくさんあるなあ。

キース・リチャーズ!かっこいいなあ。

アンドレ・ケルテスの名著ももちろん置きます。

あ、猫がきた!

こっちおいで。

吉野さんもチャレンジ。あともう少し。

ああ、気づいたらどこかに行ってしまった。またきてねー!

 

15:00 消防検査終了

細かい是正項目はあれど、概ねクリア!再検査等はなく、あとは写真提出のみでいいとのこと。施工会社からその旨を聞いた瞬間、石原さんと目を合わし、2人でガッツポーズをとる。よかった。

 

16:20 仕分け作業終了

仕分けた段ボールを館内に運ぶ。いや、これが重たいのなんの。

17:20 小田原駅

ヘロヘロになった身体に、石原さんが買ってくれたチョコモナカジャンボが沁みる。

 

18:00 会社着

中澤さん、平木くんと明日の段取り確認。信頼する2人のブックディレクターのおかげで、だいぶ助かっている。全員野球感が出てきている。

明日の許認可のための資料を最終確認する。だんだん細かい字が見えなくなってきた。「すません、僕もう無理っす」「うん、帰ろう」

 

21:50 帰路

お腹がすきすぎたので、ビールとUFO焼そばを買って帰る。明日から2泊。さ、寝ないと。

ふう、長くて短い一日でした。明日、楽しみだ。

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ