CONTACT FORM


FOLLOW US


書店だって阿波おどりを盛り上げたい!

2018.8.8

平木 龍大

台風が本格的に迫ってきました…。

こんな夜だからこそ、本屋さんによって玉袋筋太郎「粋な男たち」を購入。

こんばんは。粋な男になりたい平木です。

 

高円寺の夏といえば阿波おどり

8月25日、26日は高円寺の街に阿波おどりを見ようと2日間で約100万人が集まります。

街はいまから祭りにむけてボルテージがあがってきています。

 

そんな高円寺に構える文禄堂高円寺店で、

「書店として高円寺にできることはなにか?」をテーマに、東京高円寺阿波おどり振興協会と新しい取り組みを始めました。

“阿波おどりチャリティーブックカバー”

ブックカバーのデザインは、2015年に「東京高円寺阿波おどり振興協会」が公募した「まちなかアートデザインコンテスト@高円寺」の優秀作品の3作品を採用しました。

高円寺の電柱横にある分電盤(茶色のでかいBOX)に実際にペイントされているデザインです。

この3種類のブックカバー1枚100円で販売し、売上の一部を同振興協会に寄付します。

 

阿波おどりの日、街には人が溢れかえります。

ただ文禄堂高円寺店は「ここは異世界!?」ってぐらい静かです…。

街の晴れ舞台の日に何もしないのでは書店としてもおもしろくない…。

街の書店として微力でも、阿波おどりの盛り上げの一助になりたい!という想いからブックカバーを企画し販売しました。

 

高円寺中の人がこのブックカバーをつけて、本を読んでたらかっこよくないですか?

しかもその売上が阿波おどりを応援することにつながります。

 

阿波おどりチャリティブックカバーは8月31日まで販売予定です。

ぜひ高円寺にお越しの際はお立ちよりください。

 

また文禄堂では、杉並区の観光事業を推進する「中央線あるあるPROJECT」とのコラボで、黒板に、イラストレーターの進藤やす子さんに阿波おどりのイラストを描いてもらいました!!

 

下書きなしで描いていく進藤さん

進藤さんのおすすめスポットも

完成したイラストがこちら!!

こちらも8月31日までの展示となっています。

 

街の本屋としてできることはきっと本を売るだけじゃない。

読書のおもしろさはもちろんですが、本から広がる楽しさや街の魅力を伝えていければと思っています。

文禄堂ではおもしろいことをがんがん仕掛けていきます!ぜひご期待ください。

 

それでは8月25日、26日に高円寺でお会いしましょう!

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ