CONTACT FORM


FOLLOW US


「箱根本箱」開業日誌1221

2017.12.21

染谷 拓郎

今日もめまぐるしく。

午前中は原稿執筆。明日から始める「箱根本箱ができるまで」の草稿を書く。

午後イチに温泉供給会社との面談。施設周辺の地下を通っている温泉パイプが古くなっているので交換したい、というお話。いろいろと調整がありそう。

そのあとは保守管理会社と打合せ。建物が経ってから20年、設備はだいぶ古くなっている。それを全部やりかえると1億円くらいかかってしまう。1億円。。。

お次は、社内の書籍仕入担当の方と打合せ。選書の企画を詰める。

そして自販機導入について大手ベンダーさんと。130円の缶コーヒーを一本買ってもらったら、いくら手元に残ると思いますか?へぇ、そんなもんなのか。世の中知らないことだらけだ。

(もうこの時点でかなりへろへろなんだけど)最後は学芸大学の木林文庫さんへ。企画でお願いしたい事があり、たくさんお話をさせていただいた。人の手が入っている場所は、居て、気持ちがホクホクしてくる。木林文庫はそんな場所だ。美味しいコーヒーをいただいた。

最後に乗り換えの中目黒で、蔦屋書店へ。

わが師、串田孫一が特集されたCoyote。ゆっくり読もう。

今日もめまぐるしく。

 

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ