CONTACT FORM


FOLLOW US


文榮堂×山口大学地方創生プロジェクト 学生企画実現!!

2018.1.26

平木 龍大

9月から進めてきました文榮堂×山口大学地方創生プロジェクト!

「文化発信の拠点である書店から、地方創生を考える」というテーマのもと、

山口大学経済学部の学生たちが考えた企画がついに実現しました。

 

『言っちょる本』

 

地域の人から寄せられた、本にまつわる想い出や体験などの“STORY”と、

表紙を隠したその本をセットにして陳列します。

本の想い出を語ってもらうことから、企画名を山口弁で“言っちょる本”と名付けました。

本との新しいの出逢いや、地域の人同士と文榮堂とのゆるいつながりを生み出します。

実施店舗:文榮堂本店、文榮堂山口大学前店
開催期間:1月22日(月)~3月31日(土)

 

文榮堂本店では レジ前で展開中です。

 

文榮堂山口大学前店でも入口すぐのコーナーで展開中!

 

 

中身は見えませんが、紹介してくれた人の本への想いがつづられています。

店舗では「言っちょる本」を募集しています。

山口へお越しの際はぜひ文榮堂へお立ち寄りください。

街の色がわかるかもしれません。

 

「Book Self」

本棚に、「泣きたいときに」「衝撃のラスト」など15のテーマが設定されていますので、そのテーマに合ったおすすめの本を、店舗内から 自由に抜き取って置いてもらい、“ここにしかない”本棚をつくります。書店がハブとなり、地域の人と人をつなぎます 。

実施店舗:文榮堂珈琲

開催期間:1月22日(月)~3月31日(土)

 

本棚は文榮堂珈琲の中に設置しています。

この棚は「My Best Book」

私は「聖の青春」を置いてきました。

この本棚にある本は、全て誰かの何かしらの想いがある本です。

山口の人がどんな本を読んでいるのか?誰かの本棚をのぞいているような感覚になります。

ぜひあなたもお気に入りの1冊を置いてみて下さい。

またぜひ偶然の出逢いを経験してみてください。

 

学生渾身の企画は3月31日まで実施しています。

ぜひ店頭でご体験ください。

ブックカバーコンテストのことは次回報告します!

 

 

9月から始まったプロジェクトもついに実現となりました。びっくりするぐらい早いっ!!

学生の11名は本当に頑張ってくれました。

普段本屋さんに行かない彼らが本屋さんのことを本気で考えてくれました。

 

学生から出たキーワードはどのチームも「コミュニティ」という言葉でした。

本屋は「コミュニティ」のきっかけになりえるのではないか?

本屋から街の人たちにつながりが生まれるのではないか?ということでした。

SNS世代の彼らが考えたこれからの本屋さんの在り方のひとつです。

 

本を読まなくなった?街の人たちへ本屋は何ができるのか?

これから人たちへ何を提供できるのか?

YOURS BOOK STOREとして考え、形にしていきます。

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ