CONTACT FORM


FOLLOW US


「箱根本箱」開業日誌0515

2018.5.15

染谷 拓郎

朝からプロモーションと本の発注について、平木くんと打合せ。いよいよ本の発注が近づいてきた。

本のラインナップについては、多分賛否両論あると思う。「本好き」という言葉はとてもファジーで、一人一人好みが違うのが面白い。

僕は、選書についてなど少なくとも2回は炎上するだろうなと思っていて、それも見越した上である程度腹をくくって企画を進めている。

万人を満足させるのは難しいけれど、何となく平均値を狙いに行くのはもっといけない。

ヨ・ラ・テンゴの新譜を聴きながら西村賢太の小説を読んでいたら、リズムとメロディーと文体が奇妙に溶けて混じった。どちらも万人を満足させないだろうが、いまの自分には響いてくる。

結局、なにごともそうですよね。10人のうち6人になんとなく響くものではなく、1人に徹底的に気に入ってもらう。そこから、輪というか、波というか、うねりがうまれてくる。

なので、やってきたことを信じて進める。いよいよ、色んなモノゴトが検討中→確定に変わっていきます。

ヨ・ラ・テンゴは10月に来日するらしいですよ。その頃にはちょっとは落ち着いてるかな、どうだろう。

 

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ