CONTACT FORM


FOLLOW US


「箱根本箱」開業日誌0521

2018.5.21

染谷 拓郎

午前中は社内で打ち合わせとデータの作成、午後はプロモーションの件で原宿へ。

神宮前の交差点は、永遠に人が途切れないんじゃないかというくらい、さまざまな国籍、年代、服装の人で溢れている。高校一年生のとき、ドキドキしながらこの辺歩いたなぁ。あの頃はまだ、東急プラザはGAPで、その向かいはロッテリアだった。よくわからないまま古着屋とか行ったなぁ。と、そんな感慨にふける間も無く、打ち合わせ。

その後は、窪田さんとタスクの整理をショーゾーで。午後過ぎからみんなビールを飲んでいて羨ましかったが、我慢してアイスコーヒーで打ち合わせ。

納期が具体的に迫っているので、とにかく決める必要がある。WBSを元に、シートを確認しながら一つ一つ進捗と対応を考えていく。いくつかの項目は、諦めることになった。残念だが、その分軽くなる。

そのまま窪田さんと表参道から246を歩いて渋谷へ。夕暮れが気持ちよく、歩きながらいろんな話をする。やるしかないしかないですね、で、今日の会話を終える。やるしかないしかない。

まっすぐ帰るのもなんなので、少し街を歩く。公園通りを上がってホテルkoeを覗き、そのまま神南のアパレル通りをなんとなく眺め、松濤の方からぐるっと回って神泉駅へ。

頭を空っぽにしてひたすら歩き、何も考えず、分析もしない。まったくの受信モードでとにかく情報を嵩で溜めていく。そうすると、いつか何かの拍子にふっとそれが出てくる。いいも悪いもなく、とにかく嵩が大切だ。

さあ今週も忙しくなりそうだ。もりもりご飯を食べてがんばろう。

最新の投稿

日本出版販売株式会社

〒101-8710

東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地

お問い合わせ