YOURS BOOK STORE

索引

閉じる

  • 2100年にはなにがどうなっているのだろう
     
    歴史から推測する統計で分析する科学的に仮説を積み重ねるさまざまなアプローチはあれど私たちはその道のプロフェッショナルではありません
     
    ならばというかできることは物語ベースでその世界をつくってみることですそこからいま現在とのギャップが見えたり選択肢が結果的に増えることになるかもしれない
     
    そう考えて1篇のショートストーリーから始まる空間構成を企画しました

できることは物語ベースでその世界をつくってみること

  •  
     
     
     
     
     
     
    全体の空間と未来のチャペルを構成するパートナーとして高橋昌之建築設計事務所+ハラヒロカズアトリエを迎えました
     
    2100年でも変わらないものという企画コンセプトに対し結婚式で用いられるを用いて会場全体を構成しました白で身を包むという結婚式の歴史において不変のエッセンスも表現されています
     
    また建築の観点でいえば可変的な素材である布で空間を構成することは新しい挑戦でありまさにミライの建築の姿とも言えます
     
    このように結婚式において変わらない要素のひとつであるを使いさまざまなものが変容することと変容のなかで残っていくものがあることを表現していただきました

布で包み込む

  • 展示会に参加した人たちによりチャペルにFLOWERが彩られチャペルがかたちつくられます
    80年後の未来のあり方を具体的に明言・表現することは難しいですが移り行く時代・文化や価値観の変化・多様性を布地結婚式で用いる素材という普遍的様相で包み込み柔らかくかたちを変えながらも流動的に対応していく空間が80年後の2100年にあるかたちなのではないかと考えました
    ここでいうチャペルとはみんなでつくり少しずつ変化する様や時間の流れにより微かな事象光・風などによる変化を受け止められる大らかな白く無垢な自然として捉えています
    常にふわふわと漂いながら自然の生き物のように集まってくることで祝福の場となります
     
    ※FLOWER…結婚式に参加する人のふたりを祝福する気持ちをヘリウムガスで浮かばせた布で物体化具体化したもの

2100年のチャペル

  •  
     
     
     
     
     
     
    ドレス展示のパートナーにはUMIMAE BROTHERSを迎えました
     
    アクリルボードにペインティングを施すのが彼らのアート表現です2100年でも変わらないものという企画コンセプトに対しドレス自体を制作するのではなく2100年に向けてドレスを取り巻く社会情勢や環境がどのように変化していくのかを表現しました
     
    変わらないドレスの姿と変化していくアート作品の対比が2100年の結婚式においても変わらない本質は何だろうかと問いかけてきます本企画のメッセージのひとつである2100年も地続きの未来であるということを立体感を持って落とし込んでいただきました

社会や環境がどう変わっていくか

  • 1.Sustainable/環境に優しいこと2.INDUSTRY 5.0/つくりかたの変革3.Pride/変わらない願い4.Future/未来の価値観という4つのテーマでドレスを取り巻く技術の発展や社会環境の変化を表現
     
    アート作品とドレスそしてテキストを用いて2100年に至るまでのストーリーを表現し最後には2100年の結婚式におけるドレスの形として家族を護るウエディングツリーを展示しました

    衣装協力:株式会社フォーシスアンドカンパニー
    植栽協力:日本緑化企画株式会社

2100年のドレス

  • 髙橋昌之
    建築家髙橋昌之建築設計事務所代表1986年茨城県出身2011年から西沢大良建築設計事務所にて勤務し2016年に独立店舗や住宅を中心にさまざまな空間を手がける2020年にJCD中部支部の第5回中部商空間賞にて金賞を受賞
    http://tkms66.com/
     
    原広和
    建築家ハラヒロカズアトリエ代表1986年神奈川県出身2012年から三家大地建築設計事務所にて勤務し2019年に独立2019年に小田原市立豊川小学校内装木質化基本設計・実施設計業務プロポーザルにて最優秀賞を受賞2020年にJCD中部支部の第5回中部商空間賞にて金賞を受賞
    https://www.facebook.com/hrkzhr/

設計事務所
高橋昌之建築設計事務所+ハラヒロカズアトリエ

  • 兄・海前英俊の技術と弟・海前直樹の発想を掛け合わせてぺインティングを施すアーティスト兄弟Art in hand/持ち運べるアートをテーマに iPhone ケースをキャンバスにした作品製作を2015年より開始ふたりの感性と技術により描いた作品は多くのファッションブランドとコラボレートし洋服や塗装を活かした空間プロデュースを手がける
    https://www.instagram.com/ideasandpainting/?hl=ja

アーティスト
UMIMAE BROTHERS

Wedding Park 2100

株式会社ウエディングパーク
〒107-0062 東京都港区南青山 3丁目 11-13 新青山東急ビル 6F

ポップアップ型ショールーム「MuSuBu」
〒108-0071 東京都港区白金台4-9-19 HAPPO-EN URBAN SQUARE 1・2F

プロデュース:武藤事務所株式会社、株式会社読売広告社、YOURS BOOK STORE(日本出版販売株式会社)
プロジェクトマネジメント:株式会社読広クロスコム
イベント運営:株式会社八芳園、株式会社読売広告社
会場構成:高橋昌之建築設計事務所+ハラヒロカズアトリエ
メインストーリー:又吉直樹
ドレス展示:UMIMAE BROTHERS
衣装協力:株式会社フォーシスアンドカンパニー
デザイン:しょうのまき

担当:
プロデュース/プランニング:染谷拓郎(YOURS BOOK STORE/日本出版販売株式会社)
プロジェクトマネジメント/アートディレクション:深井航(YOURS BOOK STORE/日本出版販売株式会社)

作品をシェア

お問合せ