YOURS BOOK STORE

索引

閉じる

  • 書店・カーディラー・ペットショップをひとつの空間にまとめる
    さてどうしようかと考えてみても3つを貫く共通点が見つかりません
     
    3つの業態の共通点が見つからないのであれば共通点がないことそのものを強みにするしかない
     
    そこでモチーフとしての公園テーブルを持ち出すことで3つの業態につながるをかけることにして店内を回遊し企画を共有できるコンセプトを考えましたまるでいつもマルシェが開催されている公園を歩くようなウキウキするスペースになっています

共通点がないこと
が強みになる

  • 店内全てが公園ではなくさらに3つの本屋が入っているようなつくりにしています
     
    ペットショップから近い動線には児童書・学参のこどものほんや
     
    三角書房コミックなどが中心三角はエンタメが心に刺さるような体験の比喩になっています
     
    まどぎわ堂は文芸やカルチャー一冊の本が自分の世界を広げるかもしれないことを窓で表現しました

本屋のなかに
さらに3つの本屋?

  • Park of Tablesの象徴として全長10mの大きなギャザリングテーブルを設けました
     
    テーブル上ではテーマを設けて商品が展開されています上尾を代表する企業井上スパイスの商品とカレー本の展開やプロバレーボールチーム埼玉上尾メディックスのサインボールとバレー漫画を展開など定期的に印象が変わっていくことで新たな出会いを提供します
     
    またテーブルは変形できるようにも設計されておりイベントを開催する際には会場にもなります
     
    このようにソフト面でもハード面でもコンセプトを体現する“Park of Tablesの顔”としてギャザリングテーブルは機能しています

ギャザリング
テーブルについて

  • ただ3テナントが場所を共有するだけでなくその土地との繋がりも大切にしたいと考えています
     
    上尾市民がシビックプライドを高められるような場所にしていくため上尾市の大きなマップと参加型の企画を壁一面に設置犬の散歩におすすめの公園は?など月替わりで投票テーマが変わっていきマップが更新されることで街のアーカイブになることを目指しています

地域に開く
スペース

  • 2018年末から始まっていたPark of Tablesプロジェクトもコロナの影響で計画の変更を余儀なくされました
     
    書店部分でいえばセルフブックカバー台を導入するなどウィズコロナの店舗づくりを検討そのほかにも公園の居心地を目指すために予定していた椅子の数や間隔を調整テーブルの使い方も過ごすためから出会うためのものに変更していきました
     
    一方で座って集うなどの機能を全く無くしてしまうのではなくアフターコロナに向けた余白も残して設計をしています

ウィズコロナの
店舗になるために

Park of Tables

イオンモール株式会社 イオンモール上尾
〒362-0034 埼玉県上尾市愛宕3丁目8番1号 1F
公式サイト:https://ageo-aeonmall.com/

プロデュース:YOURS BOOK STORE(日本出版販売株式会社)
設計    :株式会社オンデザインパートナーズ
グラフィックデザイン:小林 佑生
エリア運営 :イオンモール株式会社・株式会社未来屋書店・イオンペット株式会社・埼玉トヨペット株式会社

担当:
プロデュース:染谷 拓郎(YOURS BOOK STORE / 日本出版販売株式会社)
プロジェクトマネジメント:深井 航(YOURS BOOK STORE / 日本出版販売株式会社)

作品をシェア

お問合せ